歯科のデジタル化”CAD/CAM”システム

みなさんは歯のかぶせ物がどのように作られているかご存知ですか?

実はかぶせ物の製作工程のほとんどが歯科技工士による手作業で、模型を元にワックス(ロウソクのロウのようなもの)で歯の形を再現し、そこから鋳型を作って金属に置き換え、ミクロン単位で調整し、磨き上げる…というようにとても手間をかけて作られています。

今までアナログ作業が多いと言われていた歯科業界でしたが、最近になって”CAD/CAMシステム”が普及してきました。

簡単にご説明すると、かぶせ物やつめ物を作る際に型取りの代わりに歯科用小型カメラでお口の中を撮影し、そのデータを元に設計から加工までコンピューターで処理できるようになったのです。

歯の色をしたブロックをコンピューターで処理したデータを元に専用の機械で削り出します。

ハンドメイドだと仕上がりの精度も技工士によってばらつきがありましたが、コンピューターで処理することで一定の品質で提供できるようになります。

使用できる素材はジルコニア(強化セラミック)を始め、最近は保険適用の歯科用プラスチックにも対応できるようになり、急速に普及が進んでいます。

CAD/CAMシステムは、今まで手作業が多かった歯科の分野でのデジタル化の大きな一歩となります。

義歯やインプラントへ応用する技術の検証も進んでおり、近い将来スタンダードな治療方法として確立していくと思います。