作成者別アーカイブ: crecer_admin

歯科のデジタル化”CAD/CAM”システム

みなさんは歯のかぶせ物がどのように作られているかご存知ですか?

実はかぶせ物の製作工程のほとんどが歯科技工士による手作業で、模型を元にワックス(ロウソクのロウのようなもの)で歯の形を再現し、そこから鋳型を作って金属に置き換え、ミクロン単位で調整し、磨き上げる…というようにとても手間をかけて作られています。

今までアナログ作業が多いと言われていた歯科業界でしたが、最近になって”CAD/CAMシステム”が普及してきました。

簡単にご説明すると、かぶせ物やつめ物を作る際に型取りの代わりに歯科用小型カメラでお口の中を撮影し、そのデータを元に設計から加工までコンピューターで処理できるようになったのです。

歯の色をしたブロックをコンピューターで処理したデータを元に専用の機械で削り出します。

ハンドメイドだと仕上がりの精度も技工士によってばらつきがありましたが、コンピューターで処理することで一定の品質で提供できるようになります。

使用できる素材はジルコニア(強化セラミック)を始め、最近は保険適用の歯科用プラスチックにも対応できるようになり、急速に普及が進んでいます。

CAD/CAMシステムは、今まで手作業が多かった歯科の分野でのデジタル化の大きな一歩となります。

義歯やインプラントへ応用する技術の検証も進んでおり、近い将来スタンダードな治療方法として確立していくと思います。

新年のご挨拶

旧年中は大変お世話になりました。

本年も皆様の健康を、お口を通してサポートさ せていただきます。

よろしくお願い申し上げます。

”歯”にまつわる言葉のはなし

今年の夏は例年に比べて異常な暑さでしたね。体調はいかがですか? 今回のコラムはちょっと一息ついて歯にまつわる言葉を紹介します。どうぞ気楽にお読みください。

Blue tooth

今ではすっかり定着したワイヤレス環境の名称である「Blue tooth」ですが、 以前は何種類かの接続方法があり、それらを統合した時にこの名前が付けられました。ところでなぜ「Blue tooth(青い歯)」なのでしょう? これは958年にデンマークとノルウェーを無血統合したハラルド・ゴムスソン王のあだ名が”青歯王”だった事に由来しています。一説によると王には虫歯があり、それが青黒い灰色だったことからこのあだ名が付けられたのだとか。 開発者たちにとってワイヤレス環境の統合は、スカンジナビアの統合と同じくらいロマンのある大きなプロジェクトだったのかもしれません。

齷齪(あくせく)

齷齪は元々、漢語で”歯と歯の間が狭い”という意味だったそうです。それが転じて”心が狭い・気ぜわしい”という意味になり、気持ちがせかせかするさまを表す言葉になりました。 ’歯’が二つ並ぶとなんだか見た目もせかせかしているような…?

ブラッシュアップ

”テストに向けて語学力をブラッシュアップさせよう”など「磨き上げる」「上達する」という意味で使われる言葉で、語源は英語の「Brush Up」 (磨いて輝かせる・ツヤを出す)です。お口の健康は全身の健康につながります。歯をブラッシングすれば人生のブラッシュアップにつながるかもしれませんね(^^)

歯ぐきからの出血は歯周病菌の大好物❤

歯をみがいていたら歯ぐきから血が出てきた…多くの方が一度は経験があると思います。 もし、頻繁に出血する場合は要注意です!その出血、歯周病が進行しているサインです!

歯周病菌はどなたのお口の中にも存在するマイクロビオーム(常在微生物叢)で言わば共生関係に あります。歯周病菌にはリスクが高いものから低いものまで様々な種類があり、その中でも特に病 原性の高いレッドコンプレックスに分類される「P.ジンジバリス」を代表とする病原性の高い歯周 病菌が口腔内に存在すると歯周病発症・進行のリスクがとても高くなります。そしてこのジンジバリスをはじめとする歯周病菌の大好物が血液(ヘミン鉄)なのです。

最初の話に戻りますが、歯ブラシで頻繁に出血するということは歯周病菌に餌を与え続けている状態で、歯周病がどんどん進行してしまいます。歯ぐきの出血の一番の原因は清掃不良によるプラークの蓄積です。つまり正しい歯みがきの仕方を身につけ、極力プラークをなくして強い歯ぐき(上 皮バリア)を獲得することが歯周病の発症・進行予防になります。

歯周病を防ぐためにはフロスや歯間ブラシが不可欠です。歯ブラシだけでは全体の40~60%のプラークしか取ることができません。1日1回、寝る前だけでいいので、フロスや歯間ブラシの使用を習慣化していただきたいと思います。まずは出血しなくなるまで頑張りましょう!

<参考文献>天野敦雄(2015)『歯科衛生士のための21世紀ペリオドントロジー ダイジェスト』
クインテッセンス出版株式会社