口腔ケアでアンチエイジング

全身の健康はお口の健康から

お口のケアで予防できるのは、歯痛や歯周病など口腔内の病気だけだと思っていませんか? 実は口の中を健康にすることは、身体全体の健康を保つためにとても大切。 最近では、歯周病の予防が糖尿病などの生活習慣病を未然に防ぎ、早産や肺炎などの発生率も減少させることがわかってきています。歯や歯茎を健康にすることが他の病気の原因となる細菌のすみかを除去し、健康で長生きをすること、つまりアンチエイジングにつながるのです。 口内環境を整えて、健康な生活を送りましょう。

歯周病と全身の病気5つの関係

1 糖尿病を未然に防ぐ

歯周病は糖尿病の合併症のひとつです。思い糖尿病にかかると最近感染により歯周病がひどくなるのです。逆に歯周病が糖尿病に影響を及ぼすこともわかってきています。 歯周病を治療することで糖尿病が改善されたり、未然に防ぐことができるのです。

2 心臓病・動脈硬化の原因に

動脈硬化など、心臓や血管の病気にも歯周病は大きく関わっています。歯周病の原因となる細菌が、動脈硬化を起こした場所から検出されたり、感染性の心臓病の原因菌となったりしており、歯周病との関係が注目されています。

3 呼吸器疾患の発生率減少

肺炎などの呼吸器系の病気は、細菌が粘膜に付着することによって起こります。口の中を衛生的にすることや歯周病治療をすることでこれらの病気を予防し、発生率を下げることができます。また風邪の発症も抑えられますね。

4 はみがきでガン予防

食道がんの 発がん物質「アセトアルデヒド」 は人の口の中に作る菌が 確認されています その菌を取り除くと考えられるのが歯みがきです。歯ブラシをすることで歯のみならず、この菌が多く住む舌や歯茎も、 丁寧に掃除することで、より効果的に、口の中の発がん物質を減らせる考えられています。

5 早産の減少

妊娠時には、性ホルモンが増加するため、歯周病の細菌が増殖しやすい状態になります。この細菌が血管を通って、早産や低体重出産の原因になることがあると考えられています。

6 骨粗しょう症と歯周病

女性ホルモンの分泌が低下することによって骨粗しょう症は起こります。特に閉経期に発生しがちですが、この女性ホルモン=エストロゲンの減少は歯周病の進行に悪影響を及ぼします。