口腔内スキャナー導入しました!

ありとあらゆるものがデジタル化されて行く近年、歯科業界でもデジタル化が急速に進んでいます。当院ではこの度、3次元口腔内スキャナー”Primescan(プライムスキャン)”を導入しました。口腔内スキャナーとは、お口の中をカメラで撮影し3Dデータ化する機械です。


この機械を導入することで一番変わることは、かぶせ物の”型取り”と”製作工程”です。 今までの型取りでは、粘土の様な材料を一定時間お口の中に入れなければいけない為、患者さんの負担が大きく苦手な方も多かったと思います。それがプライムスキャンを使用するとカメラでお口の中を撮影するだけで型取りができるので、負担がかなり軽減されます。 その後の製作工程でも最終的な調整は各技工士さんの感覚に頼る部分が大きかったのですが、今後は製作前にデータを調整し、機械で作ることで納期が短縮され、品質も安定していくと思います。


他にも、検診の際にデータを撮影して磨き残しの部位を一緒に確認していただいたり、定期的にデータを残すことで経年変化を確認でき、歯を保存していくための治療方針を決める判断材料にしたりと型取り以外にも有効利用して患者さんにより良いサービスを提供して行きたいと考えております。