フロスファースト

日本人の歯みがきの平均時間は6分を超えているとのこと
ではなぜこんなにも虫歯が存在するのか疑問がわきませんか?

こんなに毎日磨いているのに…
通常歯を磨くとき、歯磨き粉をつけて全体を歯ブラシで磨き、 気が向けばフロスや歯間ブラシ 入念になさる方は最後にマウスウォッシュ剤でお口をゆすぐ これが一般的な歯みがきでしょう。

でもちょっと想像してみてください。
もしあなたがお部屋の掃除をするとき、
どこから始めますか?

まず高い棚やカーテンレールの上のホコリをハタキなどで落とし、
テレビの裏やソファの下などの隠れた細かい汚れをかきだします。
それから仕上げに床を掃除機やモップできれいにしますよね。

歯ブラシだけで終わってはいませんか?
歯ブラシだけでは歯と歯の間や歯と歯肉の溝などの
隠れた部分の汚れはとれず、
全体の40%〜60%の汚れは残っているのです。

そこで、提唱したいと思います。
「フロス・ファースト」

お部屋のお掃除と同じで、まずはフロスや歯間ブラシを使って歯間などにある細かい汚れをかきだしてから、仕上げに歯ブラシで全体を磨く方法です。
歯ブラシだけで終わることのないよう、先にフロスや歯間ブラシで細かい汚れをかきだしましょう。
その後に歯ブラシで全体を磨くととても気持ちがよいと思います。

忙しくて毎回は難しい…という方はまずは寝る前の歯みがきの時だけでも実践してみてください。
フロスや歯間ブラシの使用を習慣化し、よりよい口腔環境を保つために…
はじめましょう!「フロス・ファースト」