定期的な口腔ケア、歯周病ケアで全身疾患を未然に防ぎましょう

歯周病が様々な全身疾患に関係していることをご存知ですか?

糖尿病

重い糖尿病にかかると細菌感染により歯周病がひどくなります。逆に歯周病が糖尿病に影響を及ぼすこともあります。

心臓病・動脈硬化

歯周病の原因となる細菌が動脈硬化を起こした場所から検出されたり、感染性の心臓病の原因菌になることもあり、歯周病との関係が注目されています。

呼吸器疾患

肺炎などの呼吸器系の病気は細菌が気管に入り肺に付着することで発症します。お口の中を衛生的にし、歯周病を治療することで、予防・発症を抑えることができます。(風邪の発症も抑えられます!)

食道ガン

発ガン物質「アセドアルデヒド」は口の中の細菌が作っています。口の中を清潔に保つことで減らすことができると考えられています。

早産

妊娠中は歯周病菌の細菌が増殖しやすい状態になります。細菌が歯茎の毛細血管から広まり、早産や低体重出産の原因になると考えられています。

骨粗しょう症

女性ホルモンの分泌が低下すると骨粗しょう症は起こります。特に閉経期に発生しがちですが、この女性ホルモン=エストロゲンの減少は歯周病の進行に悪影響を及ぼします。

さらに今年新たに虫歯菌の一種が脳内で炎症を引き起こし、脳出血に関与していることが発表されました。
このような報告から口腔内のケア(毎日のブラッシング、定期検診時の口腔内クリーニング)が全身の健康を支えていることがわかっています。

今日の来院があなた様の健康につながりますように…